学生でも借りれるカードローンとは

「学生がカードローンなんて!」と思われるかもしれませんが、学生の利用も増えてきています。

 

カードローンは、クレジットカードと同じように利便性の高いものですので、もしものときに備えてカードを作っている人もいるくらいです。

 

しかし、学生がカードローンの申込をする際には、一定の注意点がありますので、そのポイントを抑えた上で申し込むようにしましょう。

 

 

学生が消費者金融に申し込むなら!

 

学生は、消費者金融のカードローンにも申し込めますが、この場合は、

 

 アルバイトをしていること

 

が条件になります。

 

消費者金融は、貸金業法の規制を受けていますので、年収の3分の1を超える融資ができません。

 

そのため、月に5万円のアルバイト収入があるなら20万円まで、10万円のアルバイト収入があるなら40万円までの融資に制限されます。

 

 

未成年の学生は借りれない!

 

同じ学生でも「未成年者」の学生の場合、お金を借りることは非常に難しくなります。

 

消費者金融でも銀行のカードローンでも、通常は、20歳以上であることを条件に融資しています。

 

どうしてもお金を借りなければならないなら、学生向けのローンサービスを見つけるか、あるいは、ご両親に相談するのが良いのではないかと思います。

 

 

アルバイトをしていない学生が借りるには?

 

アルバイトをしていない学生の場合、消費者金融のローンが利用できません。

 

銀行のカードローンも

 

 学生かつ収入なし

 

の場合は、融資していないケースが多くなります。

 

しかし、三菱東京UFJ銀行・バンクイックだけは、

 

  • 年収がなくても申し込める
  • 学生でも申し込める

 

というサービスです。

 

学生がバンクイックを利用する場合は、「限度額10万円」に制限されてしまいますが、それでも利用したいなら、申し込んでみると良いでしょう。

 

バンクイックの申込みには、運転免許証か健康保険証の書類が必要になります。

 

いずれかの書類を用意し、バンクイックのサイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

学生でも安全なカードローンの選び方とは?

学生でもカードローンが必要になることがありますが、

 

 「できるだけ安全な業者を選びたい!」

 

と考えると思います。

 

中小の危険な貸金業者やヤミ金融に申し込んでしまうと、解決困難なトラブルに巻き込まれる可能性があるからです。

 

ここでは、学生でも安心して利用することができる、カードローンの選び方について説明します。

 

 

消費者金融なら「大手」から選択

 

学生が消費者金融に申し込むときは、大手の消費者金融を選ぶのが基本です。

 

プロミスやアコム、ノーローンなどのような大手の消費者金融なら、違法な貸付・取り立て行為の心配はありませんので、安心して申し込めます。

 

ただし、消費者金融に申し込むには、「年収の3分の1まで」という総量規制がある点に注意してください。

 

アルバイトをしていない学生の場合は、銀行カードローンから選ぶことになります。

 

 

銀行のカードローンの選び方

 

銀行カードローンなら、業者による違法な行為の心配はありません。

 

ただし、銀行角ローンの一部に「学生は利用不可」としているケースがありますので、

 

 学生でも利用できるサービスを選ぶ

 

という点が重要になります。

 

また、三菱東京UFJ銀行 バンクイックのように、学生の場合は「10万円まで」としているケースもあります。

 

銀行のホームページにアクセスし、それぞれの商品説明を確認するようにしてください。

 

 

学生の申込みで必要になる書類

 

また、できるだけ早くお金を受け取りたいときは、必要になる書類をできるだけ早く用意することです。

 

消費者金融に申し込むなら、50万円を超える融資を受けるときに、

 

 収入証明書(源泉徴収票、所得証明書、給与明細書、など)

 

が必要になります。

 

それ以外の場合なら、運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」があれば申し込めます。

 

また、カードローンの審査も「24時間」体制でするわけではありませんので、必要な書類を用意したら、早めに申込みを完了させるようにしてください。

学生証不要で申し込めるおすすめの学生ローン!

学生証の提出なしで申込むことができ、おすすめできる学生ローンには、

  • 消費者金融ノーローン
  • 消費者金融プロミス
  • 楽天銀行カードローン

などがあります。
上にあげたカードローンは、とても有名なものばかりですが、学生でも安心して申し込めるサービスです。
ただし、希望している限度額などによって、選ぶべき学生ローンが異なりますので、それぞれの違いについて確認しておくことをおすすめします。

 

ノーローンなら学生証不要で即日融資!

 

とにかく早い融資を希望している学生は、消費者金融のノーローンを選んでみてはいかがでしょうか。
ノーローンの限度額の審査は、最短20分というスピードで行われますので、申込みから30分後には、お金が受け取れます。
また、何度も利用できる「1週間無利息」がありますので、アルバイト代が入るまでの数日間の利用、という使い方が最も適しています。
給料日までの数日間だけの利用なら、ほとんど利息の負担なしで融資が受けられます。

 

まとまった融資を受ける学生は消費者金融のプロミスで!

 

30万円以上のまとまった融資が必要な学生は、消費者金融プロミスを選んでみてはいかがでしょうか。
プロミスなら学生証不要で申込むことができますし、「30日間無利息」があるので、金利面での有利さが目立ちます。
「30日間無利息」は、短期間の融資を繰り返す使い方ではなく、まとまったお金を借入れ、少しずつ返済する使い方で最も有利になります。
ただし、プロミスからの融資は、年間のアルバイト収入の3分の1までとなっている点に注意するようにしてください。

 

学生の高額融資は楽天銀行カードローンで!

 

プロミスやノーローンでは、年収の3分の1までという総量規制の影響があります。
学生証不要で申込むことが可能ですが、必ずしも高額融資に向いていない点に注意が必要です。
自分の年収の3分の1を超える希望額となっている学生は、総量規制対象外の楽天銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

更新履歴